Admin 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビオトープにやってくる生き物・・・

八幡小学校では芝生化や緑のカーテンとともに学校ビオトープの再整備も行われました。

(少し前に柵がつけられていました・・・。)


(before)

八幡小学校 001


(after)

ビオトープ 001

新しくなったビオトープにはすでにいろいろな植物や生き物の生息地になっていましたよ。



デンジソウ

「デンジソウ」※福岡県 絶滅危惧ⅠA類

夏緑性水生シダ。4枚の葉の形が漢字の「田」に似ているところから「田字草」と呼ばれます。
かつては水田の周囲でよく見られましたが、水田整備や除草剤などの影響で少なくなりました。



コオイムシ

「コオイムシ」(画像中央に卵が見えます。)※福岡県 準絶滅危惧種

体長17~20mm。メスはオスの背部に卵を産み、オスは背中に産み付けられた卵を守ります。
かつては池沼や水田に生息していましたが、害虫の集団防除によって少なくなりました。



アメリカジガバチ2

「アメリカジガバチ」

アメリカからやってきた外来種のハチで、腰の色が黒いのが特徴。初め、在来種のキゴシジガバチかと思いましたが、よく見たら腰の色が黒でした。(キゴシジガバチは黄色)

ビオトープの泥を運んでいるところでした。口で泥をひきのばしツボのような巣を作ります。残念ながら巣は発見できず・・・



IMG_7294.jpg

「ガマ」

アシかと思っていたら穂がでてきました。多年草の抽水植物で夏になると茶色の棒状のような雌花が出てきます。
ちなみに「蒲の穂」は「カマボコ」の語源だそうです。



ベニイトトンボ

ベニイトトンボ? リュウキュウベニイトトンボ?

未だに判断しかねているイトトンボ。絶滅危惧種Ⅱ類のベニイトトンボかと思ったんですが、撮った写真を見てみると目の色が緑色?なので、リュウキュウベニイトトンボの雄?
けれどもリュウキュウベニイトトンボは生息地が鹿児島以南となっています。関東でも生息が確認された例はあるそうなので、ここにいる可能性はなきにしもあらず・・・ただ、繁殖力がすごいそうなので、生態系に影響する可能性もあるかもなので、いずれにせよ要チェックです。


ほかにもほかにも・・・

ありの巣

アリの巣。


IMG_7302.jpg

じょろうぐも



IMG_6848.jpg

マルカメムシ



ここのビオトープはすでに様々な生き物の大切な生息地となっているようです。

子どもたちもこの場所で植物や生き物の四季折々のいろいろな発見をしてほしいものです。


<記事担当:トクナガ>
スポンサーサイト

1/21 宇美小学校&志免東小学校 ビオトープ見学

日時は前後しますが、

少し足を伸ばしまして、ビオトープ管理士会北九州支部の会員さんのご紹介で

糟屋郡の宇美小学校と志免東小学校の学校ビオトープの見学に行ってきました。


宇美小学校は定期的に行われる管理作業日。

休みにも関わらず、小学生や地域の方々がたくさん集まっていらっしゃいました。


宇美ビオ1

こちらが宇美小学校のビオトープです。



宇美ビオ3

ホタルのためのせせらぎ。ホタルのエサとなるカワニナがいました。


寒さに負けず元気いっぱいの子どもたち。
ビオトープの傍らにある井戸の使い方を教えてくれました。

宇ビオ2


早速管理作業開始!

宇美ビオ4


ビオトープの周りにチップを敷いたり、ビオトープの中の泥をすくう作業をしました。
ビオトープの中にはアメリカザリガニやメダカがおり、子どもたちが一生懸命探していました。

私もお手伝いさせていただきましたが、人数が多いため、あっというまでした。
網で泥をすくう作業、楽しかったですよ。


環境係が捕ったザリガニを配給する姿が印象的でした。
(ザリガニは校内の別の水場に移すのだそう。)


終わった後はみんなでお茶タイムでした。ビオトープがこのように和気藹々と集まる場所になっているのがいいですね。



終わった後、宇美小学校の傍にある志免東小学校のビオトープへ。

今回ご紹介いただいたビオトープ管理士で当小学校の教諭でもいらっしゃるT永先生と合流し、

ビオトープを見学させてもらいました。


志免東ビオ1

こちらが志免東小学校のビオトープ。周囲の落葉がいい雰囲気です。

実はこの落葉、チップを買う予算がないため、
環境係の子どもたちが学校中から落葉を集めて敷き詰めたのだそうです。

志免東ビオ2

雨水を貯めるタンク。


志免東ビオ5

ビオトープ後方の土手には、稲を育てた後の根っこ部分が補強用として土台に使われていました。
これも子どもたちが考えて土台作りをしたそうです。


志免東ビオ3

ビオトープ周囲の樹木も子どもたちと先生が一緒になって考え、選んでそうで、
様々な樹木がありました。

子どもたちのアイディアや工夫が随所に見られ、先生の熱意が伝わるすばらしいビオトープでした。



どちらの学校のビオトープも大変勉強になりました。
先生方、ありがとうございました。



<記事担当:トクナガ>

12/23 こどもエコクラブ 壁新聞作り教室

クリスマスを目前に控えたこの日、こどもエコクラブの壁新聞作り教室が開催されました。

この時期忙しいのは大人も子どもも変わらないようで、
今回の参加団体は1団体でしたが、
昨年同様、たぶのきエコキッズさんが参加され、なじみの顔ぶれによるアットホームな教室になりました。

IMG_4344.jpg


初めに来年の干支、「竜」にちなんで「竜の国」と呼ばれるブータン王国の環境について
スクリーンを使って少しお話をしました。

ブータン説明

今年の壁新聞テーマは従来の「1年間の活動報告」に加え、「将来住んでみたい町、自分の町をこんな風に変えたい」というお題が増えました。


台紙にみんなの意見をランダムに書き出します。

IMG_4349.jpg

IMG_4360.jpg

いろいろな活動の様子を描きだしたり、未来人の予想図で話が盛り上がったり。

休憩時間には、「プレイパーク」についての説明も聞きました。

みんなの意見を書き出して作業は終了し、後は持ち帰ってのまとめ作業となりました。


昨年、環境大臣賞を受賞したたぶのきエコキッズのみなさん。

今年はどんな作品になるか、楽しみです。


参加されたたぶのきエコキッズさん、スタッフの方々、ありがとうございました。



<記事担当:トクナガ>

7/2 曽根干潟カブトガニ観察会

7月2日、この日はというと、新月と満月の前後に生じる干満の差の大きい潮、大潮の日。

清水市民センターのチャレンジキッズという講座で、曽根干潟のカブトガニ観察会を行いました。

曽根干潟 001


講師のお話を聞いている様子。

少し曇りがちな天気でした。


曽根干潟 002

たくさんの参加者たち。


曽根干潟 007

先生が見つけたカブトガニの抜け殻を見せてくれました。

大きい!!

R0010341.jpg



曽根干潟 009

説明を聞いた後、みんなで曽根干潟を散策しました。

残念ながらカブトガニはまだ見られませんでしたが、

フィールドビンゴをして、いろいろなものを見つけました。


R0010352.jpg

カニだ!

シオマネキでしょうか。


R0010360.jpg

散策した後、近隣の市民センターで勉強会をしました。

生きている化石といわれるカブトガニについて、先生からいろいろな話を聞けましたよ。

R0010369.jpg


カブトガニの抜け殻。こんなに小さかったカブトガニがあんなに大きくなるなんて!



カブトガニや曽根干潟の生き物のことを知り、

曽根干潟の大切さを知った一日でした。


スタッフのみなさんおつかれさまでした!



10/16(土)エコスタイルタウンでこどもエコクラブPR

季節はすっかり秋となったこの日。

晴天に恵まれた中で、すっかり恒例となったエコスタイルタウンが北九州市役所横で開催されました。



エコスタイルタウンとは…環境にやさしいライフスタイルを提案する出展を行い、エコスタイルを体験できる場を創出することを目的とした環境イベントです。



今年はグリーンワークはブースは出さなかったのですが、

環境局が事務局をしている子どもエコクラブのPRブースが出るということで、その応援に行ってきました。



会場はいろいろなブースでとてもにぎわっていました。

飲食系ブースもさることながら、環境学習系ブースもにぎやかでしたね。


さて、エコクラブブースではPRとともに、

環境局環境学習課で製作した環境カードゲーム「エコ取り物語」のお披露目でした。


IMG_4447.jpg



配られた手持ちのカードの中から一枚ずつカードを出し合い、数の大きいカードを出した人がエコポイントカードをゲットでき、ゲットしたエコポイントカードの合計点数が高い人が勝ち、というゲームです。


手持ちのカードには北九州の環境学習施設や水辺の生き物など、様々なものが紹介されています。


IMG_4462.jpg



一見シンプルなゲームですが、子ども達はもちろん、大人の方もとても熱中していました。

IMG_4442.jpg



少なくなってくる手持ちのカードからどれを出すか・・・その駆け引きに頭を悩ませながら、

わいわい楽しくゲームをしていました。



もちろん私もゲームをしたわけですが、先の読めないゲーム展開に翻弄されっぱなしでした!


IMG_4450.jpg



負けた悔しさのあまり泣き出す子もいたり…笑

ふてくされる子がいたり…


その負けん気で成長してくれー。


子どもエコクラブの子どもたちも来てくれ、

カードゲームをしたり、テントの中のパネルを見たり楽しそうでしたよ。

IMG_4464.jpg




このエコ取り物語は市内の市民センターや児童クラブに配布されるそうですよ。

見かけた際にはぜひ一度遊んでみてください!


今度はこどもエコクラブでエコ取り物語のゲーム大会を行うとか。



楽しく遊んで環境のことをたくさん学べるといいですね。


環境局のOさん、当日のスタッフのみなさん、おつかれさまでした。




記事担当:カワハラ
プロフィール

GreenWork


NPO法人 グリーンワーク

〒802-0072
福岡県北九州市小倉北区
東篠崎1-2-7

Tel:093-383-6807  
Fax:093-941-9806

NPO法人グリーンワークFacebook

カテゴリ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
~~~~~~~~~~~
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 環境ブログ 環境学習・教育へ
にほんブログ村 花ブログ 園芸療法・園芸福祉へ

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。