Admin 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもいきもの博士講座 11月7日(土)

第2回目となりました子どもいきもの博士講座は11月7日に、前回と同じ白野江植物公園にて行われました。

この日も暑いくらいの上天気で半そでで過ごせるほど。
前回を上回る参加者が集まりました。

まずは室内で先生のお話を聞きます。今回も前回に引き続き、まほろば自然学校の岩熊先生と岩松先生に講師としてお越しいただきました。

今回のテーマは「冬のいきものを探そう」ということで、冬越しをするいきものについてスクリーンを見ながら学びました。
IMG_6194.jpg

哺乳類や鳥類、爬虫類・両生類、そして昆虫など、種類によって様々な冬越しの方法があります。

今回のミッションは、「冬越しの支度をしているものを何か一つ見つけること」

早速外に元気よく飛び出していきます。

先生ごとにチームに分かれて、園内を探していきます。

岩熊先生チームはまずは落ちていたたくさんのドングリを見つけました。
いろいろな種類のドングリを見つけて、みんな夢中になって拾っていきます。

IMG_6202.jpg

虫カゴの中はドングリでいっぱいに(^O^)


IMG_6206.jpg

これはアクが少なくて生のままでも少しなら食べられるスダジイのどんぐり。

食べてみた感想は「なんかクリみたい」という子もいれば、「う~ん、おいしくな~い(>-<)」と口に合わなかった子も。笑

次に先生が見つけたのは、盛り上がったもこもこの地面。
「これ、な~んだ?」

IMG_6209.jpg

正解はモグラの通ったあと。
「どこまで続いてるかな?」みんなで穴に虫網の柄を入れて探しました。


一方そのころ岩松先生チームはというと、

みんな虫探しに夢中になっていました(^-^)

IMG_6218.jpg

虫を見つけては「先生これなに~!?」とわらわら。


先生「その木の穴掘ったらゴキブリが出てくるぞ~」

子どもたち「ぎゃー!!」


そんな中、黄色いテントウムシやお腹が卵でパンパンになったカマキリ、カマキリの卵など、見つけたものもたくさん。まだカマキリやトンボも捕まえることができましたね。

IMG_6216.jpg


また、前回みんなで探したアサギマダラをまた捕まえた子もいました。
一匹だけでしたが、今回もマーキングしました。

IMG_6233.jpg


最後は見つけた虫の説明や先生のお話を聞いて、みんなで生きものの冬越しについて考えました。

IMG_6238.jpg


2回にわたり、とても充実した活動となった「子どもいきもの博士講座」

子どもも大人も一緒に自然の中でたくさん学びたくさん遊んだ楽しい時間でした。

書いていただいたアンケートも「楽しかった」と「また虫取りがしたい」などという感想でいっぱいでした。


今回も参加されたみなさん、先生方、スタッフの方、ありがとうございました!

またの機会をお待ちください(^o^)/


記事担当:カワハラ




スポンサーサイト

子ども生きもの博士講座2009 10月11日(日)

大変ご無沙汰しておりました(^^;)ブログ再開です!

平成21年10月11日(日)・11月7日(土)に北九州市立白野江植物公園にて2回にわたって行われました「子ども生きもの博士講座」。

両日とも天気に恵まれ、集まった子どもたちも元気いっぱい。

第1回目となった10月11日のテーマは「秋に鳴く虫を探しに行こう!コオロギ相撲をしよう!」

講師は、太宰府の「まほろば自然学校」の岩熊先生と岩松先生。

まずは休憩室の2階でスクリーンを見ながら秋に鳴く虫についてしっかり学びます。

091011子ども生き物博士講座 002

そのあとは外に出てお待ちかね、秋に鳴く虫を探しに行きます。
今回はコオロギ相撲をするということで、みんなに与えられたミッションはずばり、

「コオロギのオスを捕まえること!」

※コオロギ相撲とは…コオロギ相撲とはオスのコオロギがなわばりやメスをめぐってはげしく争う習性を利用した遊びで、おとなりの中国では今も多くの大人の男性が夢中になって盛んに行われています。

091011子ども生き物博士講座 010

おっと、その前にもうひとつの本日のスペシャルイベントです。

「アサギマダラにマーキングをしよう!」

白野江植物公園ではこの時期、「旅をする蝶」アサギマダラがたくさん飛んできます。
アサギマダラの移動距離の調査として、「あさぎネット」と言うアサギマダラの移動調査を行う電子情報ネットワークがあり、全国各地から情報が集められています。
アサギマダラはおとなしい性質で羽のりんぷんも少ないため、マーキングがしやすいのだそうです。

DSCF3097.jpg

岩熊先生は大宰府で、長野県の茶臼山でマーキングされた蝶を捕まえたことがあるとか!
遠くはフィリピンでも発見されているようです。

早速みんな網を持ってはりきってアサギマダラを捕まえにかかります。
091011子ども生き物博士講座 016

のんびりしたアサギマダラは驚くほどあっさり網にかかっていきます。。

先生に教わりながらみんなでマーキングすることができました。

DSCF3093.jpg


みんなそうそうこんなことできませんよ~。今日はラッキーです!

マーキングの後は、コオロギ探しです。
みんなあちらこちらで夢中になって探します。

このイベントの面白いところは、付き添いで来た大人の方も夢中になって虫を追っかけていること(^-^)みんな童心に帰って楽しんでいます。

091011子ども生き物博士講座 019

どこにでもいるようで、いざ探し出すとなかなか見つからないコオロギたち。
しかもオスを見つけるのは容易でありません(^^;)

おっと、そんなときに珍しい昆虫を発見!!

091011子ども生き物博士講座 025

すごくきれいで鮮やかなこの虫の正体は「サツマニシキ」という蛾の仲間でした。
園内にあるヤマモガシという木にやってくるのだそうです。

先生たちもこの珍客にはびっくりしていました(^O^)


さてコオロギを捕まえたら最後はコオロギ相撲です。
虫カゴに入れ、細い筆でコオロギのお尻を触って、相手の触覚と錯覚させます。

091011子ども生き物博士講座 031


これで怒りだしたコオロギは相手に向かっていくはず・・・・・が、

うーん、なんとも反応なし…(^^;)

どうやらコオロギたち、追い回され、カゴに入れられている間にくたびれてしまった様子。

まあ、こんなこともありますね。
コオロギもくたびれるということをしっかり学んだみんなでした。


最後は先生の話を聞いて終わりです。
質問が飛び交い、みんな最初から最後まで熱心でした。

091011子ども生き物博士講座 035


みなさん楽しく学んでいただきました。

参加されたみなさん、先生方、スタッフのみなさん、ありがとうございました!


記事担当/カワハラ
プロフィール

GreenWork


NPO法人 グリーンワーク

〒802-0072
福岡県北九州市小倉北区
東篠崎1-2-7

Tel:093-383-6807  
Fax:093-941-9806

NPO法人グリーンワークFacebook

カテゴリ
最近の記事
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
~~~~~~~~~~~
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 環境ブログ 環境学習・教育へ
にほんブログ村 花ブログ 園芸療法・園芸福祉へ

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。